English & Spanish
MENU

入れ歯

入れ歯

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。

入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

チタン床義歯
チタン床義歯
体に優しい金属
チタンは表面に人間の骨組織に近い皮膜を持ち、金属イオンの溶出を防ぐので生体親和性に優れています。そのため、金属アレルギーの心配がほとんどありません。
食べ物がおいしい:
金属味がほとんどありません。
また、適度に熱を伝えるので、『温かさ・冷たさ』が感じられます。
そのため、味覚が変化しにくく、料理をおいしく楽しめます。
軽くて丈夫で汚れにくい:
チタンの比重は、一般的な義歯に用いられる金合金の約4分の1(コバルトの約2分の1)で、非常に軽いことが特徴です。
軽量な金属にもかかわらず、強靭・丈夫で、たわむことがない金属なので、チタン床自体を薄く製作することができます。
重い義歯から患者様を解放することができます。
汚れに強く、口腔内を清潔に保てるため、粘膜の炎症や口臭の心配もありません。
コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯
コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。
1. 金属に強度があるので、レジンの約の3分の1の薄さで製作することが可能です。
2. 金属の熱伝導率が優れているので、料理を美味しくたのしむことができます。
3. 長持ちします。
シリコンの入れ歯
シリコーンデンチャー

土台(床)の一部をシリコンで作る入れ歯です。シリコンは柔らかいので、噛む時の痛みを軽減でき、食材をしっかりと噛めるようになります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

料金案内

※表示価格は全て税別です

金属床 総義歯

コバルト床義歯 金属ベース。強度があり薄く、温度の伝わりやすいタイプ。(金属のタイプにより価格が違います)

250,000円

チタン床義歯

350,000円

部分義歯

コバルト床義歯 金属ベース。強度があり薄く、温度の伝わりやすいタイプ。(金属のタイプにより価格が違います)

70,000~150,000円
(欠損歯の数による)

チタン床義歯

100,000~200,000円

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯だけ

はりがねが見えないタイプ(ノンクラスプデンチャー)

50,000~100,000円
欠損歯の数による

シリコーンデンチャー(総義歯だけ

250,000円